【実話レイプ第1章】レイプ実行の朝

約束の撮影日当日。
昼2時にA駅の近くにあるビジネスホテルで待ち合わせの為、恵里奈は少し早めの昼食を取った。
そしてシャワーを浴びて化粧をはじめた。
恵里奈はまだ20歳だ。肌も若々しいし、なによりこの美貌なのだから化粧に必死になる必死は無い。
ただ、カフェのバイトでは皆んな上手に化粧をしているので自然と自分も丁寧に化粧するのが日課になったのだ。
顔が映らない撮影なのに恵里奈の顔は美しかった。
そして出掛けるための着替えを早めに行った。
仕事先からの連絡で洋服の希望があったからだ。
下半身はなるべく短めのタイトなスカートを着用との事。
恵里奈は短いタイトスカートを持ってなかったが、よく考えるとバイト先のカフェの制服が黒のタイトスカートだった。
そのスカートでもいいかと聞くと先方はカフェの制服を着て来てくれたらバイト料を上乗せすると言ってきた。
制服は自己管理なので持って行けるが、さすがに着て電車に乗る訳にも行かなかったので制服は持って行くと伝えた。
あと必要は物はパンストを2足という事だ。
ベージュと黒の1足づつでベージュパンストを履いてくるようとの事。
季節はもう秋口。茶色のブラウスに黒のスカート、ベージュのパンストを履いて足元はブーツにした。
カフェの制服を忘れないように袋に入れて準備完了。
ちょうどいい時間になったので駅へと向かった。

【実話レイプおすすめ】おっぱいプルンと「乳揺れ」してる→エロGIF画像!動きがあるとホント抜けるwww

レイプ画像
素人無修正クラスメイトココから