【実話レイプ第37章】優しいクリ責め

誠二は恵里奈のクリトリスを口に含んで優しく吸った。
クリトリス全体を唇で覆いチュッチュと小さな音を立てて吸っているかと思うと、一転して恵里奈にも聞こえるようにジュルジュルと大きな音を立てて吸ったりもした。

誠二「あぁ、恵里奈ちゃんのおまんこが濡れてる、、、僕とのエッチで濡れてる、、、」

誠二は恵里奈の女性器に入れている指を少しだけゆっくりと出し入れした。
入口は狭くキツかった。
まるで誠二の指の進入を防ぐかのように女性器の肉壁が誠二の指を押し出す。
誠二は少し力を入れて第一関節まで指を押し込む。
その繰り返しで入口部分をほぐすように責めた。

誠二「恵里奈ちゃんのおまんこ、入口がスゴく狭いね。ここに挿れたらすごい気持ち良さそうだ」

誠二は独り言のようにボソボソと呟いた。

誠二「結構濡れてるけど、まだ奥を責めるには早いかな、、、大切な恵里奈ちゃんのおまんこだからね」

恵里奈は無理矢理に力づくでされない事と痛みがない事に安心を覚えいた。
しかし何とかしてこの場を逃れようという気持ちは1%の可能性でもある限り捨ててはいなかった。


 

【実話レイプおすすめ】制服JKの「パンチラ」隠し撮りを→GIFで見る!エロさ何倍にも膨れてヤバイwww

002602-000
FC2アダルトランキングココから