【実話レイプ第36章】女蜜の香り

誠二は恵里奈の女性器に人差し指の第一関節くらいまで自分の指を入れ、その場所で動きを止めた。
正確に言うと手の動きを止めて指先だけを動かし女性器の入口あたりを刺激していた。
一方、口では鼠径部とクリトリスを行ったり来たりしながら交互に舐めて責めている。

誠二「恵里奈ちゃんのおまんこ温かいよ。もっとヌルヌルに濡らしていいんだよ!僕が全部舐めてあげるからね」

恵里奈『うっ、、、ハァハァ、、』

恵里奈は誠二の言う通りに濡れているのかどうか自分ではわからなかったが、誠二の指がスムーズに入ってきたこと、その際に痛みが全く無かった事などを考えると誠二の言う通りに濡れているのだろうと思った。
そして、不快ながらも一方で濡れている自分を情けなく恨めしく思った。

誠二「ほら、恵里奈ちゃん。クリトリスも気持ちいいんでしょ?舐めたらピクって腰が動いちゃってるよ。エッチな体だね!」

恵里奈『ハァハァ、、、くっ、、うっ』

恵里奈はクリトリスだけの刺激なら耐えられたかも知れないが、鼠径部とのW責めが相当キツかった。
さらに誠二を視界に入れないため目線を上に向けている事で誠二がどちらを責めてくるのかわからない事が体の反応を促進させた。

誠二「あぁ、すごいおまんこの匂いがしてきた、、、恵里奈ちゃんのおまんこの匂いはこんな感じだったんだ、、、」

誠二は舌でクリトリスと鼠径部を交互に舐めながら鼻で深呼吸するように存分に匂いを楽しんでいた。