【実話レイプ第29章】 交渉の貸し

恵里奈は耐えるのに必死で、誠二が何をしようとしてるのかも全くわからない。
誠二は休む事なく恵里奈の鼠径部を舐め続ける。

恵里奈『やっ、、あっ、、あんっ』

また恵里奈が大きく体を反らせた瞬間、誠二は少しだけ浮いた恵里奈のお尻とイスの座面の隙間を狙うようにしてパンツとパンストを同時に下げた。
ちょうど太ももの付け根あたりまでパンツとパンストを下げたので、恵里奈のヘアの上半分くらいが露わになった。
誠二は一切お構いなしに元の場所に戻って、今度はパンスト越しでは無く直に鼠径部を舐めた。

恵里奈『いやぁぁぁ、、、お願い、、だめぇ、、』

さらに強い刺激が恵里奈を襲う。

誠二「ほら、もっとエロくアンアン言わなきゃ終わらないよ」

誠二は器用に舐めながら少し喋ってまた舐めた。恵里奈は息をつく暇さえ全くなかった。
誠二は舐めながら片方の頬にジョリジョリという刺激を感じた。

誠二「恵里奈ちゃん、男と会う時はちゃんとお毛毛の処理しなきゃ!いつ誰とエッチするかわからないんだからね」

恵里奈のヘアはキレイにカットされてたものの、処理後に時間が経っていたため周囲の毛が少し伸びかかっていた。
しかし恵里奈はそれどころではなかった。

誠二「恵里奈ちゃん、もうすぐ予定の半分の5分だよ。あと半分あるけど耐えられる?」

恵里奈『ムリっ!無理です!やめてっ!』

恵里奈は叫ぶように言った。

誠二「じゃあ、もっと大きな今くらいの声で!やる事はわかってるね?」

誠二は舌先に力を入れて強く舐めた。

恵里奈『はぁんっ!あんっあんっ!ああっ、、あん、、』

恵里奈の声が室内に響き渡った。

誠二「最高、恵里奈ちゃん!最高だよ!じゃあ、もう1回僕にお願いしてみたら?」

恵里奈『お願いします、、、やめて下さい』

誠二「よし、かわいい恵里奈ちゃんの頼みだから聞いてあげようかな?でもね、これで貸し1つだよ?大丈夫?」

恵里奈『は、、はい、、』

恵里奈はとにかく貸しであろうが何であろうが現状を逃れたかった。

誠二「うん、じゃあ貸し1つね。この貸しは絶対だからね。では今の所を舐めるのはやめてあげる」

恵里奈はおでこにうっすら汗をかいて呼吸が乱れている。
誠二も疲れた舌を休ませるように恵里奈の体から口を離した。

【美熟女限定エロ動画配信】
熟女エロ動画
熟女エロ動画
▲無料で見られる高品質熟女動画▲
– どっちの美魔女ショー –